誰も教えてくれない学生キャッシングの知識


学生は学費だけでなく交際費や家賃などにお金を使うので、社会人と同じようにお金が一時的に足りない事態に陥ってもおかしくはありません。親や友人にお金を借りるのをためらっている人は、消費者金融などを申込みますが、学生は返済能力が低いと見なされて利用できないケースもあります。そこで学生でも気軽に利用できるように作られたのが、学生キャッシングです。自己責任で借りるので連帯保証人を用意する必要はなく、親や友人にキャッシングがバレることもあります。アルバイトで安定した収入があれば返済能力があると認められます。親からの仕送りは安定した収入には入らないので、申し込む前にアルバイトを見つけるのがポイントです。学生キャッシングは金利が低めに設定されています。利息制限法では10万円以下の貸付額では20%、10万円を超えて100万円以下であれば18%となっていますが、一般的なキャッシングのように上限ギリギリに設定されることは少ないです。借りられるのは最高でも50万円程度ですが、一時的な公共料金の支払いや教科書代を補うには十分すぎるくらいです。貸与枠を与えられずに借り入れのたびに審査を受けるため、金融機関との接触は比較的多くなります。中には少ない借入額でも返済回数を増やして負担をかけないサービスを提供するなど学生に配慮した金融機関もあります。闇金のような取立てはありませんが、1日でも返済が遅れれば信用情報に記録されるので、責任を持って返済することが大切です。モビットなどの比較もしてみましょう